« November 2005 | Main | January 2006 »

12/31/2005

2005年最後の夕日

takamiici1
今年最後の太陽が沈んでいきます・・・・
今年を振り返ってみると、たくさんの山に登れました。特にモンブランに挑戦したことが一番印象に残っていますがそれも過ぎたこと、来年はどんな山に出会えるか楽しみです。

きまぐれブログもきまぐれに更新していくつもりなので、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

| | Comments (0)

12/24/2005

今年最後の山

takamiici2今年最後の山登りで、北八つの高見石に行って来た・・・そして今期冬山シーズン初めの山でも有ります。思ったよりも雪が深くて久しぶりの雪道つぼ足歩きは疲れましたぁ~(^^;

takamiici1そうそう、初めて山で誕生日迎えました、なんだか一年があっという間です。

| | Comments (2)

12/22/2005

買ってしまった・・・

c1121657
あ~あ・・・とうとう冬用のシェラフ買ってしまったよ~年明けそうそう、八ヶ岳にテント泊いくので買ったのだけど、まさかここまで道具を揃えるとは自分でも思ってもいなかったわ。後無いのはテント位だけど・・・・・まさか買わないよねぇ~いやいや判らないよと影の声(苦笑)

| | Comments (4)

12/18/2005

六甲山最高峰

登って来ました〜山頂からは大展望!樹氷も綺麗でした。

++新幹線の中より++200512181114.jpg

| | Comments (5)

12/16/2005

神戸ルミナリエ

まむさん、nabeちゃん、makoさん、けんままさんとルミナリエオフ会〜(^^)200512162147.jpg

| | Comments (2)

12/13/2005

見てきました!!

photo

夏に岩波ホールで上映されていて見ようと思ったらもう予約が一杯で見はぐった「輝ける青春」 を見てきた。

公式サイトで年末に下高井戸シネマで上映するというので、今度は見逃さないように予約してね。6時間の上映時間の映画なんて初めてだけど、どうしても見てみたかった。私みたいな人が居たみたいで10時開場なのにもう人が並んでいたのには驚いたわ。

映画の冒頭からいきなり「朝日のあたる家」の歌が流れてきて、なんだかいっきに1960年に引き戻された感じがした。そこからイタリアの中流家庭の家族の物語と、その時の時代背景(イタリアの学生運動とか社会の事)を上手く絡めてストーリーが展開して飽きなかった。

| | Comments (3)

12/12/2005

金婚式

kimagure_099

テニスクラブでお世話になったご夫婦が結婚50年を迎え、テニスの雄志でお祝いの会を企画、私もお祝いに出席してきました。このご夫婦はテニスクラブでも「お父さん」「お母さん」とみんなから慕われていて、私も始めた頃は大変お世話になったのです。

そんなご夫婦がめでたく50年の結婚記念日を迎えてたのは本当に素晴らしい~お二人とも70を越えているのに、お父さんはまだテニスをしているし、お母さんの方もテニスは止めているけど仕事をしている。結婚記念日には二人で新婚旅行に行った所に再び旅行したそうで、なんだかロマンチック~会の最後にはお父さんからお母さんに指輪をプレゼント、素晴らしいお祝いの会になりました。やっぱり二人の人柄なのでしょうね~今度はダイヤモンド婚式を目指してね(^^)ニコ

そうそう、この日久しぶりに着たタイトなスカート・・・着られるか心配したのだけど無事にはけてこっちもめでたい~(笑)

| | Comments (0)

12/09/2005

富士山

今日、お天気がいいのでここに登って来ました〜200512091117.jpg

| | Comments (4)

12/07/2005

評判がいいので・・・

suzengi_006
「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきた。

いつも行く喫茶店に西岸良平さんの「三丁目の夕日」の漫画本が有っていつも見ているから、映画化されて評判もいいので楽しみに見に行った。感想はそうねぇ~まぁまぁかな。ほろっとさせるところも有るのだけど、ストーリー自体は平凡なストーリーで、なんだか三文小説のようだわ。西岸良平さんの「三丁目の夕日」自体が市井の人達の日常を書いている漫画だから仕方ないのかな・・でも、もう少しましなエピソードにしたら良かったのにと思った。

配役もイマイチな感じ、まず元踊り子で場末の飲み屋の女の人役を小雪さんが演じたけど、なんだが綺麗すぎて飲み屋の女の人には見えない~もう少しバタ臭い女優さんだと良かったのに。堤真一も格好良すぎだけどまぁ許せる(笑)吉岡秀隆は上手すぎて鼻につく、薬師丸ひろこはこの頃お母さん役が板に付いてきて違和感がなかったな。そうそう、それと原作では集団就職してくる六ちゃんは男だったのに、映画では六子さんと言う女の子になっていて驚いた(苦笑)なんで女の子にしたのだろう・・・納得できない。とまぁ~勝手に思ったのでした(笑)

なんだかなぁ~昭和の風景などは良くできていると思うけど、見終わった後に何も残らないのよね。

| | Comments (0)

12/04/2005

海~

suzengi_003suzengi

館山にテニスしに行ってきた・・・「県立館山運動公園」立派な施設ですが、テニスコートは余り状態が良くない・・・・一時間630円と安いから補修しないのかなぁ。今日は一時間やったら雨が降ってきたのでとっとと辞めて、帰りは海岸線を走りここ鋸南町保田漁協直営食事処「ばんや」でお風呂とお昼を食べて帰ってきました。昨日の夕方は富士山のシルエットが見えたのだけど、今日はお天気悪くて残念。

| | Comments (1)

12/02/2005

星野道夫「オーロラの彼方へ」

suzengi_002
何年か前、星野道夫さんの写真展に初めて行って、かれのアラスカの風景とそれに添えられてる文章に感動して大ファンになった。写真も素晴らしいのだけど、文章も素晴らしい。








人は無意識のうちに、
自分の心を通して風景を見る。
オーロラの不思議な光りが語りかけてくるものは、
それを見つめる者の、
内なる心の風景の中に有るのだろう。

人間のためでも、誰の為でもなく、
それ自身の存在のために自然が息づいている。
その当たり前の事を知ることが、
いつも驚きだ。

自然の終わりは、いつも何かの始まりである。

++オーロラの彼方へより引用++

星野道夫さんの世界、アラスカに行ってみたい・・・そして空に輝くオーロラを見てみたいな

| | Comments (1)

« November 2005 | Main | January 2006 »